フィギュアの店頭買取の流れとは?

フィギュアを売却する方法は、いくつかありますが、もっとも簡単でスタンダードな方法が店頭を利用したものです。

対応する買取店に持っていくだけで売れるので、今すぐにでもお金に換えたい方にはとても便利でしょう。

ちなみに、多くのところでは同じような手順で売却することになるので、スムーズに取り引きしたいのなら、流れを知った上でお店に向かったほうがよいです。

 

フィギュアを査定してもらいたいなら受け付けへ

価値を知りたいのなら、お店にフィギュアを持っていくことから始めましょう。

開封品でも未開封品でも問題なく買取りをしてくれるので、気にせずに持っていきましょう。

もちろん、本体以外に何らかの付属品があるのなら、そちらも忘れずに持っていくことが高額査定に繋がります。

お店に到着したのなら、販売レジの他に買取専用の受け付けがあるはずなので、そちらを訪れて売りたいものがあることを伝えましょう。

ただし、オモチャや洋服など、さまざまな種類のアイテムを取り扱っているような大型店の場合は、種類によって受け付けが異なる場合があります。

何のアイテムを売るための受け付けなのかは、カウンターの近くに分かりやすく記載されているはずなので、少し見渡せばすぐに理解できるはずです。

もしも、店内が広すぎて、受け付けの場所が分からないのなら、どのスタッフでもよいので聞いてみましょう。

そうすれば、すぐに案内してくれるため、お目当ての受け付けにきちんと辿り着くことができます。

査定は時間がかかるので終わるまで待とう

受け付けを訪れたのなら、さっそく持ってきたものを渡して、スタッフに査定を開始してもらいましょう。

たいていの場合は、その場ですぐに値段をつけてくれるのではなく、価値を調べるために、しばらく待たされることになります。

多くのお店では番号が書かれた札を渡されるので、その番号が呼ばれるまで店内で暇を潰しましょう。

しばらく経つと、店内にいくつも設置してあるスピーカーで呼びかけられるので、査定が終わったことはすぐに分かります。

ちなみに、いつまで待っても番号が呼ばれない場合は、聞き逃してしまっている可能性があります。

もしも、自分の番号よりも後ろの数値がいくつも呼ばれているのなら、その可能性がかなり高いので、受け付けのスタッフに確認をしてみましょう。

ちなみに、お店によっては、掲示板などに査定が終わった番号を提示してくれているところもあります。

そちらなら、見ればすぐに分かるので、店外で他の用事を済ませて、終わった頃に番号を確認するのもよいでしょう。

そして、査定が終わっているのなら、受け付けで番号札を渡せば、自身のフィギュアの買取金額を教えてくれます。

複数見てもらった場合には、合計金額以外にも、それぞれの値段が記載されているので、しっかりと目を通しましょう。

納得すれば、全てを売れますし、安いと思ったものは売らずに取り除くこともできます。

もちろん、全部売らないという選択肢もあるので、自分の思った通りに行動しましょう。

ほぼ100パーセントのお店で査定は無料となっているため、売らずに帰ったとしても損をすることはありません。

金額に納得して売却を決めたのなら

金額に納得ができて、取引を進めたいのなら、それをスタッフに伝えましょう。

そうすれば、売却に必要な書類を渡されるので、それに名前や住所などの個人情報を記入していきます。

それに加えて、身分証明書の提示を求められるので、保険証なりパスポートなりを渡して、スタッフの方に確認してもらいましょう。

これは中古品を取り扱うお店に定められたルールなので、身分証明書なしでは売却できないといっても過言ではありません。

なお、未成年(もしくは18歳未満)の場合は、身分証明書以外に親の同意書か同伴が必要になります。

こちらも決まり事になっているので、きちんと準備をした上でお店に訪れましょう。

書類への記入が全て終わったのなら、後はスタッフが最終確認をして取引は完了です。

フィギュアと引き替えにお金をもらえるので、提示された金額と同じか、しっかりとチェックしましょう。

ちなみに一度契約が済んでしまうと、売却したものは取り戻すことはできません

そのため、間違って売ってしまったという事態が起こらないように、自宅でしっかりと選別してから店頭に持っていきましょう。

 

自宅に来てもらえる出張サービスやお店までフィギュアを送る配送サービスは、気軽に査定を受けられるとはいえません。

出張サービスは自宅まで来てもらった手前断りにくいですし、配送サービスは手間を考えるとキャンセルするのが面倒だと感じる方もいるはずです。

その点、店頭でのサービスなら、その場で持って帰るという決断をすればよいので断りやすいといえます。

断ることにためらいがあるかもしれませんが、他の二つと比べると、心理的負担も手間もかからないため気にせずに持ち帰りましょう。

今まで大切にしてきたものを売却するのですから、納得できる査定額を提示してくれるお店をしっかりと探したほうがよいです。